万代之唯一

07 Dec.

「野球場」:

冷えたコンクリート もたれて颊を付ける

目线の先 西日に漂う埃を见る

何を话すでも无く 身动きとれず

仆は下手な绘空事ばかりを ずっと空想する

“もう助からないだろう” 君の父さんが言う

丁度その时 眼を细めて笑う君を思い出す

愿えば叶うっていう言叶の空虚さだけが

仆の人生にそれからずっと ぶら下がり续ける


心臓は动いたまま眠り续ける 君がもしも死んだら

仆も死ぬ事が出来ただろうか

あれから数ヶ月 食うや食わずの生活

生きながらに死んでいるって意味では仆も同じだ

この世界からの逃避ばかり考えるのが 癖になり始めた顷に

保险会社の新商品

テレビ ラジオ ネットに 最近目にするコピー

“睡眠中に增える预金” 冷冻睡眠


未だ消えぬ鲜明な美しき日々の色と 几ら愿ってみても决して叶わない事

分かっているが时は绝えた既に手迟れ

だからいっそ全部忘れて眠らせてくれ

延命措置によりただ续く寝息も 后ろ发引かれるだけの断ち切れない糸

堪え难い 恶梦みたい もう忘れたい

いや 忘れない 分からない おやすみなさい


それから六十年 仆は眠り续けて 月日は文字通りの恶梦として过ぎて

流转する万物は 无爱想で 冷め冷めとした态度だが

仆に取っては未だ恩人で

あらゆる景色が变わり 君の病院も无くなり

始めは苦劳した暮らしも 今ではなんとかやってる

晴れ晴れしい气持ちで 新しい人生をやり直す

君の事は忘れたよ ってそんなわけはない


美しい样々には魂が宿り その根底の连结で“美しい”は连なり

例えば夕暮れに望乡が苏る样に 美しい样々が君の面影を呼び

その儚さに胁され续ける日々の果てに 行き着くどん诘まりは

やはり生き死にの闇

人は丧失を许容出来る生き物だ だが逃げ出した仆はその限りではない


未だ消えぬ鲜明な美しき日々の色と 几ら愿ってみても决して叶わない事

分かっているが时は绝えた既に手迟れ

だからいっそ全部忘れて眠らせてくれ

延命措置によりただ续く寝息も 后ろ发引かれるだけの断ち切れない糸

堪え难い 恶梦みたい もう忘れたい

いや 忘れない 分からない おやすみなさい


すっかり拔け壳になり 步く并木道

幻觉か 君にそっくりな女の子を见る

休日の阳射し 赈やかに笑うその声に

限りなく确信に近い 君の面影を见る

やおら女の子が驱け寄って抱きついた

受け止めた そのしわしわの两手に咲いた

あの笑颜はまるで怀かしの绘画か

互いに目を细めて笑う颜は まさに仆の希望だ

それこそが仆の希望だ 梦にまで见た仆の希望だ

これこそが仆の希望だ 失った仆の希望だ


未だ消えぬ鲜明な美しき日々の色と 几ら愿ってみても决して叶わない事

分かっているが时は绝えた既に手迟れ

だからいっそ全部忘れて眠らせてくれ

延命措置によりただ续く寝息も 后ろ发引かれるだけの断ち切れない糸

堪え难い 恶梦みたい もう忘れたい

いや 忘れない 分からない どうすればいい?


冷えたコンクリート もたれて颊を付ける

目线の先 西日に漂う埃を见る

何を话すでも无く 身动きとれず

仆は下手な绘空事ばかりをずっと空想する


下手な绘空事ばかりをずっと空想する


评论
热度(18)
  1. bielinjie「野球場」 转载了此音乐
  2. 万代之唯一「野球場」 转载了此音乐
  3. 冬天袜子不常换「野球場」 转载了此音乐
音乐+诗歌+照片+绘画的分享与原创

© 万代之唯一 | Powered by LOFTER